禁煙外来

head_tel.png

午前 9:00~12:30 / 午後 15:30~19:00 休診日 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

フォームからのお問い合わせはこちら

いま、喫煙はニコチン依存症という病気として捉えられ、一定の条件を満たした喫煙者ならどなたでも治療を受けることができます。

禁煙にはさまざまなメリットがあり、何より家族の将来のためにもなります。
喫煙がやめられないのは、ニコチン依存症だから。
病気であれば、自分の意思の力だけで治すのは難しいものです。
治療は一定の条件を満たせば健康保険等で受けられ、補助薬を用いながら段階的に行います。

禁煙できないと悩み続けるよりも、気軽に相談していただき、禁煙成功に向けて医師と一緒にチャレンジしてみましょう。

禁煙に遅すぎることはない

禁煙には、心身ともにさまざまなメリットがあります。

禁煙を始めて2週間から3カ月で心機能・肺機能が改善し、5年で脳卒中のリスクが吸わない人と同レベルに。
10年で肺がん死亡率は喫煙者の半分になります。

また、「食事がおいしい」「アンチエイジングになる」「家族の健康のためになる」というのも大きなメリット。
経済的には、たとえば1日1箱(※430円として)吸う喫煙者なら、5年で78万円が浮くことになり、貯金につながります。

禁煙治療について

当院では、補助薬としてニコチンを含まない飲み薬「チャンピックス」を使い、診察は12週間に計5回通院いただきます。
呼気に含まれる一酸化炭素濃度の測定や、継続に向けてのアドバイスも行いますので、最後まで通院しましょう。

禁煙成功率については、診察初回でやめてしまった人では6.5%と低く、最後の診療まで続けた人では49.1%というデータがあります。
当院の禁煙成功率は、75%(2014年実績)です。

自分のため、家族のために

奥様にお願いされたり、お子さまが生まれたりしたことを機に、禁煙外来に来る方が多くいらっしゃいます。
これまでの実感として、禁煙を成功させた方は、家族の将来を想うことがモチベーションになっているようです。

一人ひとりが長く幸せで健康に暮らせるよう、ぜひ禁煙を成功させましょう。

禁煙外来料金

チャンピックスの場合

※()内は、自己負担額(3割負担として)

初診料+再診料 10,080円(3,024円)
ニコチン依存症管理料 9,620円(2,886円)
院外処方せん料 4,080円(1,224円)
禁煙補助薬 37,660円(11,298円)
61,440円(18,432円)

陽なたブログ

電話番号:0942-36-5050 お問い合わせはこちら